2007年12月04日

超戦艦艦隊 最強戦艦出撃!

経済界/2007年12月4日初版発行/895円/ISBN978-4-7667-3129-3




ハルノートへの対案で昭和16年末の開戦を回避すべく、大日本帝国は戦艦伊勢と日向をまず解体し、続いて扶桑と山城を解体することでアメリカの妥協を引き出した。
さらに建造中の大和を公開することで抑止力として時間を稼ぎ、いずれは避けられない戦いに備えて戦備を整えていく。
米海軍も大和級に対抗するのが難しいと踏んだアイオワ級戦艦をキャンセルし、モンタナ級の建造を急ぐことになる。
だが大和は密かにガスタービンを採用して34ノットの速力を発揮するよう設計が改められていた。
モンタナ級3隻が就役し、米海軍の準備が整ったとき、ついに日米は開戦するのだった……。


航空機の威力を信じる帝國海軍は高速戦艦として大和級を建造しているというのと、開戦が昭和19年となるのが特徴の本書。
開戦時には零戦とP47サンダーボルトという圧倒的不利な戦いでフィリピンで多くの戦闘機を失う衝撃的な展開があってドキドキもののスタートですなぁ〜。
タイトルから戦艦同士の戦いを期待する人も多いと思うんだけど、モンタナ級との戦いは水雷戦隊任せで大和級戦艦は空母を狙おうとするし、少なくとも1巻目である本巻では戦艦同士の戦いという面では期待を裏切られることだろう。

あとは本書では著者はミスが多くてがっかりさせられてしまった。
P77ではドイツとソ連の戦いを西部戦線とか書いているし。
P99でモンタナ級がいるかわからない以上は真珠湾攻撃は投機的とか黒島参謀に言わせておきながらP105では強硬に真珠湾攻撃の実行を主張させるとかいう矛盾。
九七陸攻とかいう記述もあるし、司令部方針が第一攻撃目標は空母と決まってすぐあとのページで攻撃目標は戦艦とか指示している鳥頭的いい加減さ。
うーむ、この著者って以前はここまでひどい作品を出していなかった気がするんだけど、どうしちゃったんだろう?
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 青山智樹

1998年02月15日

バトル・オブ・ジャパン4 遙かなるガダルカナル

KKベストセラーズ/1998年2月15日初版発行/800円/ISBN4-584-17807-0


バトル・オブ・ジャパン(4)


南太平洋をめぐる死闘が描かれる第4巻です。烈風と大鳳級装甲空母を繰り出した日本海軍も、2000ポンド爆弾で攻撃してくるスカイレーダーの前に大損害を出してしまうという展開に。わずか10機で反撃する第七次攻撃隊の活躍もあってかろうじて撃退することに成功するが……。

印象に残るのは、1発でも当たれば大打撃を与えられるスカイレーダーの存在から数さえあればOKという攻撃側と、必死に防空戦をしなければならない日本海軍の苦戦という展開でしょうか。
双方とも搭乗員の練度が低下している中では、機体性能の大きな差は戦場での影響が大きいでしょうね。
呼出符号が「ヒ」で始まる火龍(Me262)装備の空軍が太平洋で活躍し始めますが、ヨーロッパでも烈風が活躍していく展開で枢軸の結束は意外にも硬い感じ。
どのように切り抜けるのかは気になるところですが……。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 青山智樹

1997年10月15日

バトル・オブ・ジャパン3 フィリピン航空電撃戦

KKベストセラーズ/1997年10月15日初版発行/790円/ISBN4-584-17797-X


バトル・オブ・ジャパン(3)


日本空軍が配備した長距離攻撃機連山の登場と、本土の防空力の向上でマリアナからアメリカ軍は撤退を開始し、主攻勢正面をヨーロッパのドイツに移すという戦略上の大転換が行なわれる。圧力の低下を受けて日本軍はフィリピンをはじめとする東南アジアで反撃を開始した。幸いなことに五月雨的な攻撃が、航続距離の短いという欠点を持つシーファイアで守られた英東洋艦隊を撃破し、フィリピンへ侵攻する日本軍。強敵サンダーボルトとコルセアと激闘を繰り広げる日本空軍の零戦。激闘の先に待つものは!?

航続距離の長い戦闘機が零戦しかないために最前線で苦戦を強いられる日本空軍というのが読んでいてつらいですね。
迎撃ならば疾風があるというのに侵攻作戦には使えないという苦しい台所事情がなんとも……。
両軍とも多大な被害を出しつつも徐々に押していく日本軍ですが、意表をついてヒトラー大統領の奇策「フィリピン独立」でソ連の庇護の元にフィリピンが独立して戦力を消耗するだけの徒労に終わるという意表をついた展開に驚かされます。
なんて発想なんだ……、予想も出来ませんでした。
空軍は消耗したものの、時間を稼げたことで機動部隊が再建できてきたというところで次巻へ。
フィリピンが中立となると、次の戦場はニューカレドニア方面っぽいですがはたして?
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 青山智樹

1997年08月15日

バトル・オブ・ジャパン2 帝都炎上す

KKベストセラーズ/1997年8月15日初版発行/790円/ISBN4-584-17793-7


バトル・オブ・ジャパン(2)


マリアナを占領したアメリカはヒトラー大統領の命令でB-29による日本本土空襲を開始した。高々度を高速に飛行するB-29の迎撃を立て続けに失敗する日本空軍。戦闘機だけでなく彗星までも投入しての必死の迎撃を試みるが、空襲は軍需工場から都市への無差別爆撃へと変更され帝都は炎上する……。

いきなり2巻目で帝都へ大空襲をかけてくる米軍。さっさと日本を降伏させようと全力攻撃です。
マリアナへの補給体制がまだ確立されていないために数十機単位の初期はどうにか抵抗できたものの、数百機になると空軍もお手上げ。
いくら電探と迎撃管制ができるようになっていても、未だに零戦を使っているのだから無理もありません。
二七号爆弾っぽいものを投入して奮戦する日本空軍だけど、機体が古くて苦戦しているのがせつないですね。
それにしても校正はどうなっているのだろう。

アメリカ軍はB29を四〇〇機あまりを投入したが、損失率は実に二五パーセントに達した。四〇機ものB29を失ったのである。


400機の25%って計算が全然合わないんだけど……。
こういうのがあると醒めてしまいますよね。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 青山智樹

1997年06月15日

バトル・オブ・ジャパン 連合艦隊壊滅す

KKベストセラーズ/1997年6月15日初版発行/790円/ISBN4-584-17789-9


バトル・オブ・ジャパン


真珠湾作戦直前に、大統領補佐官の進言でルーズベルト大統領と東条首相の会談が成立して開戦が避けられた世界が舞台という少々変わった設定のシリーズです。回避できたとはいっても、一時的なものであり、開戦は避けられなかったという流れですね。昭和20年5月、ハルゼー機動部隊の横須賀奇襲によって連合艦隊は壊滅……という衝撃的なスタートとなっています。

大統領補佐官がヒトラーというのが意外な設定かもしれません。万人に平等な世界を目指すヒトラーというのが意外性に富んでいてなんともいえないですねぇ。かなり性格が異なるのかも。それにしても、昭和20年だというのに相変わらず後継機もなしに零戦が主力という連合艦隊はかなり駄目すぎ。そもそも奇襲で主力艦が壊滅、空母も壊滅とサブタイトル通りの致命傷を負っていてお手上げなところから反撃となります。いや、反撃は本巻ではまだないんですけどね。連合艦隊が壊滅してマリアナも占領されちゃったというところまでが本書のお話。そう、開戦直後とはいっても昭和20年ですよ。マリアナに配備されるものといったら……。いきなり1巻目から驚愕の展開で驚きなのです。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 青山智樹

1995年10月05日

急降下 目標ロサンゼルス! 下

勁文社/1995年10月5日第1刷/780円/ISBN4-7669-2353-7



輝かしい戦果をあげていたにもかかわらず、軍楽隊への転属を希望するという大物(?)の主人公。常識的に考えてどこの国であれ、優秀な搭乗員をそのような配置にするわけがない。とうとうロサンゼルス上陸戦へ参加させられ、まったく信頼できないエンジンのせいで彗星が不時着すること数度。定期異動で内地の教官になったと思いきや、戦況の悪化でわずか2カ月で前線へ部隊が進出することになる。乗機が彗星から銀河に変わってもより遠くの危険な基地を目標に出撃指令がくだる……。



音楽家になりない、せめて軍楽隊に……という希望がことごとく裏切られている主人公・古谷の苦悩が描かれています。ちょっと一般的な架空戦記とは違うかもしれない。しかも、主人公は実験室レベルの成果のものを実戦投入するという、まったくもって何もわかっていない旧軍(技術者・用兵者とも、しかも双方お互いを理解しようとしていなかった)の被害者というわけですね。北米大陸に上陸しているわけですが、補給は細々とどうにか続いているレベルといった感じで、最前線は苦労の日々のようでした。結局、本シリーズは零戦が金星エンジン搭載で防御力と速力が向上した代わりに航続距離が不足しているという設定が活かされていないまま終わり……。いつその設定が表面化してくるのかと思っているうちに、海軍の主力戦闘機は紫電改になっていました。ぉぃぉぃ。なんのための設定だったんでしょうかねぇ?

posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 青山智樹

1995年08月25日

急降下 目標ロサンゼルス! 上

勁文社/1995年8月25日第1刷/780円/ISBN4-7669-2299-9



教官に戦闘機搭乗員を望まれたが輸送機を志望し、結局は艦爆搭乗員とされた吉谷。彼がこの物語の主人公でシンガポール、ラバウルと転戦して活躍します。ラバウル沖で中攻隊がレキシントンを撃破しMO作戦を有利に進めた日本軍は、ミッドウェー沖で赤城・加賀を失うも勝利を収め、ハワイへと侵攻。ハワイを占領した日本軍は機動部隊を東太平洋に進出させ、サンフランシスコを空襲。正面から戦わない敵機動部隊は神出鬼没に前線の弱いところを攻撃してくるため、パナマ運河を破壊して補給を絶つことを試みる……。



主人公の古谷は美味しいところを持っていっているようで、シンガポールでは給水施設を破壊。パナマ運河では敵戦闘機に追われてはぐれたために緩降下爆撃を試み、敵が無警戒の高度から攻撃に成功しています。それにしても、陸軍が秋津丸で隼をパナマ作戦へ参加させようとするなど破天荒な展開がすごいですね。零戦が金星エンジンで開発されるという変わった設定の割に上巻ではその設定が活かされていません。下巻への伏線なんでしょうか?

posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 青山智樹

1994年03月15日

米国東海岸強襲 第五航空戦隊奮戦録3

ケイブンシャ・ノベルス/1994年3月15日第1刷/757円/ISBN4-7669-1966-1



太平洋側で日米の大海戦が発生し、双方共に壊滅的打撃を受ける。日本に残る正規空母は翔鶴と瑞鶴だけになってしまうが、第五航空戦隊は日本へは戻らず東海岸のニューポートを奇襲。大損害を与えることに成功した。ドイツ軍も英本土へ上陸を開始し、大西洋側では優勢に戦いが進むのを確認してから日本へ帰還する第五航空戦隊。だが、圧倒的な物量は時間の経過と共に日独を追いつめ、マリアナ沖で再び決戦が発生する……。



東海岸を攻撃しても講和の機会がないままにずるずると泥沼にはまっていくのが厳しい最終巻。英本土へ戦力を送って手薄になっている東部戦線が崩壊し、ドーバー海峡があるために戦力の移動がすばやくできぬまま一気にベルリンまで押し戻されるドイツ。やはりベーリング海を渡る船団を日本が遮断しないとそうなっちゃうよなぁ〜。壊滅した戦力を立て直すので精一杯で、日本海軍は船団攻撃ごときはやるわけないし。再建したところで、新造艦を数揃えて反撃にでてきた米軍をマリアナ沖で迎え撃つことになって、刺し違えで空母12隻を撃破するという大活躍をした日本海軍。この戦いがシリーズの最終決戦で山場なのに、何だか少々盛り上がりに欠ける感じがするのは、その重要さのわりに割かれているページ数が少ないためでしょうね。

posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 青山智樹

1994年01月14日

風雲!大西洋域 第五航空戦隊奮戦録2

ケイブンシャ・ノベルス/1994年01月14日第1刷/757円/ISBN4-7669-1921-1



アメリカが参戦するという悪化する状況の中、中部大西洋で機動部隊による通商破壊戦を開始した第五航空戦隊とその護衛部隊。その中にはドイツ海軍の巡洋戦艦シャルンホルストとグナイゼナウの姿もあった。この機動部隊は連合軍の輸送船団を壊滅的な状態へ追い込んだ。だが、船団を撃破するだけではいずれ押さえ込まれることを懸念し、パナマ沖でポケット戦艦アドミラル・シュアーを囮に米海軍を誘い出して撃滅する作戦が実行に移される。予想外に大きな戦力を誘引してしまった日独の艦隊は第五航空戦隊の奮戦とUボートの活躍で敵空母2隻を撃破。サウス・ダコタを大破させることに成功する。再び翔鶴が大破したものの勝利を収めた第五航空戦隊は、本国からの補充を待ちながら戦力の回復に努めることになる……。



高い索敵能力と強大な攻撃力で多くの船団を殲滅していったがために、ドイツ軍はモスクワを占領し、イギリスは物資の深刻な不足に悩まされるという状況になっているのが本書の始まりでの状態でした。その後の作戦は、意外にもパナマ沖で戦うもののパナマ運河はまったくノータッチ。太平洋側から大西洋側へできるだけ戦力を呼び込もうという日本本国の意向が働いているんでしょうかね。ちょっと調子よく進みすぎる気がしないでもないが、娯楽と考えて読んでいる読者には多少過剰気味な演出は効果的です。それにしても気になるのは、日本から送られてきた補充の機体がエンジンなしの彗星とかだということ。そう、本家ドイツのエンジンを搭載せよというわけですね。コピーに苦労している日本のエンジンより、発展型のエンジンを積んだほうが高性能になるだろうことは想像できます。この彗星は次巻で大活躍となるか?

posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 青山智樹

1993年10月12日

英国艦隊殲滅す 第五航空戦隊奮戦録

ケイブンシャ・ノベルス/1993年10月12日第1刷/757円/ISBN4-7669-1876-2



放火と思われる自宅の火事で海軍の山本五十六がいなくなってしまった世界。後任の古賀峰一大将は従来通りの戦艦重視で戦略を立てていく。対英蘭開戦を選んだ日本は、フィリピンの米軍を気にしながらも、機動部隊でフィリピンを警戒しつつマレー沖で昭和16年8月10日に対英戦に突入。角田率いる第四航空戦隊は寡兵ながらもイギリス東洋艦隊を迎撃し、それなりの戦果を上げる。その後、第四航空戦隊によるインド洋作戦の図演で問題が明るみになり、抗議した角田は編成間もない第五航空戦隊を与えられ、インド洋に進出。インドへの上陸作戦を支援し、紅海を暴れ回って北アフリカへの英軍の補給線を破壊。ドイツ陸軍のロンメル将軍と戦果を競うようにしてスエズ運河を確保。アレクサンドリアまで進出することになった。独伊両国の要請でマルタ島攻略戦に参加するが、ここで翔鶴を戦艦の攻撃で大破させられてしまう失態を演ずる……。だが、とある人物の暗躍で更迭されることもなく、ドーバー海峡突破戦を指揮し、総統とドイツ海軍に大きな借りを作ることに成功した。



対米戦を警戒しつつも、開戦は英蘭のみにした大日本帝国という微妙な設定の戦記です。圧倒的な航空戦力で、英東洋艦隊を撃破。独伊との連携はイマイチながら、そのまま地中海へ進んで地中海艦隊も殲滅していく勢いがすごいですね。角田提督のミスで翔鶴が大破しつつも、独海軍のティルピッツ、シャルンホルスト、グナイゼナウをブレストからドーバー海峡突破させて本国へ帰すという作戦が行なわれます。なぜ、そんなところにティルピッツがいるのかは不明ですが。その作戦途上で瑞鶴の航空隊が英本国艦隊を壊滅させるという恐るべき戦果を上げて、もはや風前の灯火的になってしまう英国……。航空戦力が拮抗した方面へ空母機動部隊を投入していくというのは帝国海軍が本来想定していた作戦。結構にくい演出ですね。燃える戦記ものッス。

posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 青山智樹