2005年12月01日

時空連合自衛隊2 慟哭の空、牙を剥く獅子

コスミック出版/2005年12月1日初版発行/857円/ISBN4-7747-1089-X



自衛隊側に初の戦死者が出る迎撃戦からストーリーが始まっている。
九州が空襲の被害にあうのはともかくとして、自衛隊機も4機撃墜されたり南鳥島基地の壊滅など、あからさまな伏線が読み取れる。
2010年のほうも中国海軍の強硬派のために開戦への道を突き進んでいく展開となっていて危機を迎え始める。
実質的にこの2巻目も1945年のほうがメインで、大和を支援する自衛隊と敵艦隊との戦いが物語の山場といった感じ。
圧倒的な性能差があるから盛り上がりに欠けるままにストーリーが進んでいくのが残念だといえよう。
力量不足なのか、プロットからうまくストーリー的な肉付けをできていないようで。
F/A-18が敵にいて乱戦のさなかに活躍しているとか、クラスター爆弾で大厄災を運んでくるとかあるんだけど、伏線と書かれている数ページからあとは察して脳内で全部補完しろ的な感じ。
そういう手法はありだと思うけど、この作品の場合にはページ配分の見直しできっちり書けるだろうってあたりがちょっとね……。

前巻からあまり間もなく急いで執筆したからか、ミスも目立っていた。
近いほうを攻撃するとかP147で伊藤長官が指示を出すのだが、どちらも距離三〇〇って……同じじゃないか。どっちだよ!
そんな状況でそういう指示を出されたら確実に負けるね。
ほかにも、ウィスコンシンの艦長が自艦の搭載砲の攻撃を耐えられないから戦艦の要件を満たしてないワシントン(ノースカロライナ級)はダメだなとかP156で言わせておきながら、次のページでウィスコンシンをノースカロライナと取り違えて矛盾したことを書いているのには驚かされたね。
P161ではウィスコンソンとなっていて艦名を間違えているし、もう架空戦記物としてダメダメすぎ。
そのあたりは文庫化のときに直っているのかなぁ?

posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 遥士伸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9724578
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック