2007年12月30日

灼熱の巨竜 最強戦艦決戦 ラバウル強襲1943

実業之日本社/2007年12月30日初版発行/857円/ISBN978-4-408-60475-6




ラバウルをめぐる激闘を描いた架空戦記。
戦艦大和を旗艦とする第二艦隊がラバウルに入港したところから激闘が始まっている。
本書はタイトルに反して、大和と武蔵が狭いラバウル軍港内で米機動部隊艦載機の空襲を受けて大損害を出してしまう展開となっている。
総ページの6割ほどまでは第二艦隊の苦闘と反撃に出た基地航空隊と陸上基地へ進出した第三艦隊の艦載機の戦いが綴られていた。

気になるタイトルの戦艦決戦部分は「それはないだろう?」という感じで、残りの4割の部分に戦艦を支援する補助艦艇同士の戦いなど込みで書かれている。
無傷のサウスダコタ級とノースカロライナ級の計6隻を迎え撃つのは、大損害を受けた大和と無傷の長門を主力とする艦隊。
武蔵は空襲の被害も回復していなくてラストでちょっと出てきて戦うのみ。
「最強戦艦決戦」なんてどこにもない。
空襲ですでに満身創痍となっている大和とノースカロライナ級4隻の戦いや、大和が撃破されたあとに出てくる武蔵が数回射撃するだけではどう考えてもタイトルに問題ありだ。
タイトルに惹かれて購入した読者の期待を裏切ることは間違いなし。
作家がつけたタイトルか編集サイドがつけたタイトルかはわからないが、いずれにしろ適切じゃないタイトルをつけている騙し的売り方はいただけないと思う。
架空戦記はただでさえ他ジャンルと比べて作品の平均的な出来が悪いジャンルなのに、だめ押しの追い打ちを掛けたら購入する読者が減っていくばかりとなるよ……。
ページ数は多くていいんだけど、タイトル騙し系じゃ意味ないよなぁ〜。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 内田弘樹
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9419010
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック