2007年12月04日

超戦艦艦隊 最強戦艦出撃!

経済界/2007年12月4日初版発行/895円/ISBN978-4-7667-3129-3




ハルノートへの対案で昭和16年末の開戦を回避すべく、大日本帝国は戦艦伊勢と日向をまず解体し、続いて扶桑と山城を解体することでアメリカの妥協を引き出した。
さらに建造中の大和を公開することで抑止力として時間を稼ぎ、いずれは避けられない戦いに備えて戦備を整えていく。
米海軍も大和級に対抗するのが難しいと踏んだアイオワ級戦艦をキャンセルし、モンタナ級の建造を急ぐことになる。
だが大和は密かにガスタービンを採用して34ノットの速力を発揮するよう設計が改められていた。
モンタナ級3隻が就役し、米海軍の準備が整ったとき、ついに日米は開戦するのだった……。


航空機の威力を信じる帝國海軍は高速戦艦として大和級を建造しているというのと、開戦が昭和19年となるのが特徴の本書。
開戦時には零戦とP47サンダーボルトという圧倒的不利な戦いでフィリピンで多くの戦闘機を失う衝撃的な展開があってドキドキもののスタートですなぁ〜。
タイトルから戦艦同士の戦いを期待する人も多いと思うんだけど、モンタナ級との戦いは水雷戦隊任せで大和級戦艦は空母を狙おうとするし、少なくとも1巻目である本巻では戦艦同士の戦いという面では期待を裏切られることだろう。

あとは本書では著者はミスが多くてがっかりさせられてしまった。
P77ではドイツとソ連の戦いを西部戦線とか書いているし。
P99でモンタナ級がいるかわからない以上は真珠湾攻撃は投機的とか黒島参謀に言わせておきながらP105では強硬に真珠湾攻撃の実行を主張させるとかいう矛盾。
九七陸攻とかいう記述もあるし、司令部方針が第一攻撃目標は空母と決まってすぐあとのページで攻撃目標は戦艦とか指示している鳥頭的いい加減さ。
うーむ、この著者って以前はここまでひどい作品を出していなかった気がするんだけど、どうしちゃったんだろう?
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 青山智樹
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8697916
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック