2007年07月10日

双胴空母「瑞翔」出撃す!

実業之日本社/2007年7月10日初版発行/857円/ISBN978-4-408-60441-1




建造中の空母「翔鶴」と「瑞鶴」を連結し、双胴空母にしようと画策する塚原二四三少将。
連結して艦の後部飛行甲板の幅を広げることで、着艦が楽になり空母搭乗員に必要とされる技量の引き下げを狙うのだった。
機動性の低下による防御力への疑問については、飛行甲板を3段式にして、上甲板を戦闘機、中甲板を爆撃機、下甲板を攻撃機用にして常時戦闘機を発進させられることで防ごうと狙う。
いざというときには分離して2隻に分かれられるような設計となった「瑞翔」は、開戦直後にハワイから米海軍主力を誘い出し撃滅する任務に就くことになるのだった。


いつもながら1巻目は面白そうな設定でついつい購入させられてしまった新シリーズです。
搭乗員の練度の問題を飛行甲板を広くすることで敷居を下げてくるという設定がユニークで面白いですよね。
問題はこの先のストーリー展開にもちゃんとオリジナリティがあるのかどうか。
またもやこの著者特有の型にはまった展開となってしまうのでしょうか?
ストーリー構成に自信がないのか、いつものように史実にあわせるかのような強引な展開で辻褄を合わせて史実の展開に近づけていってしまうわけで。
そのような展開が今回も待っているのか気になるところです。

まあ、塚原が一航艦、南雲が第十一航空艦隊を率いることになっているのは期待できそうだけどねぇ。
また今回もパターン化されているオチだといい加減ツラいかな〜。
撃墜された搭乗員の救出を重視していたり、部隊の練度が低下した場合のことを考慮した戦術の変更なんかは次巻以降の伏線だと思うので期待できそうなんですけど。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大村芳弘
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4685072
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック