2006年02月08日

欧州動乱1947 帝国の粛清

学研/2006年2月8日第1刷/850円/ISBN4-05-402984-1


欧州動乱1947


ドイツがファニーウォーで時間が過ぎていく間に、時間のかかる艦艇の建造ではなく航空艦隊の増強に励み、英海軍を空から圧倒してイギリス本土までもドイツ国防軍が制圧した世界が舞台となっているか空戦記です。
帝国はドイツ陸軍の電撃戦を理解して戦力が急激に拡大するソ連赤軍に対抗するため、赤軍への恐怖を共通して認識しているドイツ国防軍と共同で戦車を駆逐する駆逐戦闘重機械「マンムート」を開発する。
重厚な装甲と128ミリの連装砲塔を備え、ジェットエンジンで駆動するという非常識かつ膨大な支援車両が必要な対戦車戦闘専門の機械が誕生したのだった。

戦車のエンジンがジェットだとか、主砲が連装だとかいうあたりで( ゚д゚)ポカーンという感じで驚かされるトンデモ系気味の架空戦記でした。
だいたい機動力を活かしてアウトレンジから敵戦車を粉砕するならば150ミリなどの装甲は過剰だし、装甲を活かして機動力不要ならば選定されるエンジンはもっと取り扱いやすい稼働率や整備性を考慮したもののはず……という感じで、なんだかイマイチしっくりとこない設定のまま話が進んでいく感じです。
主役となるそのマンムートは終盤でようやく活躍が始まります。
1947年のクーデターで総統が暗殺され、新政権に反旗を翻すSS部隊。
同胞相撃つのは避けたいドイツ国防軍がマンムートの試験で派遣されている帝国陸軍部隊に依頼してSS部隊をわずか3両のマンムート主体の戦力で迎撃するという無茶な戦いがクライマックスです。
個人的には、なんだか内乱がテーマという感じで盛り上がりに欠けたままストーリーが完結してしまった感があります。
主役の兵器が突拍子もないものだったからそういう印象が残ったのかもしれませんけれど。
戦闘メインというモノを期待している人には向かないと思いますが、バックグラウンドなんかのストーリーに興味あるという人ならばそれなりに面白いと感じるんじゃないでしょうか。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 陰山琢磨
この記事へのコメント
最近の戦車はジェットエンジン(ガスタービン)エンジン積んでます。M1とか。

主砲の連装はないけど。
Posted by とおりすがり at 2009年08月06日 09:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4268767
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック