2006年02月05日

韋駄天艦隊

実業之日本社/2006年2月5日初版発行/857円/ISBN4-408-60356-2


韋駄天艦隊


ジュットランド海戦で速度を武器にした英巡洋戦艦部隊が勝利の栄光をつかんだ世界が舞台です。
それ以降、各国は主力艦を巡洋戦艦に置き換え、低速の戦艦は保持していないという驚くべき設定。
各国の主力艦は35ノットクラスであり、水雷戦隊も襲撃が困難で航空攻撃も成功が難しいと判断されていたりします。
そのために航空機の開発はどこの国も停滞していて、ボーイング、ロッキード、グラマンが倒産しているというのも凄すぎ……。

そんなわけでなかなかにユニークな世界観で進んでいくのですが、北海の戦いでドイツの最新鋭巡洋戦艦が水平防御の不足から爆沈して巡洋戦艦の脆さが突如として露呈し、各国海軍にパニックが起こっているという中で日米開戦となるというあたりが、なかなか興味深いストーリーでしょうか。
最新鋭の帝国海軍の巡洋戦艦「蔵王級」は40cm連装砲4基を装備しながらも38ノットも発揮するわけで、水雷で襲撃を成功させるには困難なレベル。
帝国海軍ですら水雷戦は重視していなくて、酸素魚雷の開発ができていません。

設定的にはかなり帝国海軍に不利なような気がするんだけど、今後どういった展開に話を持っていくんだろうと次巻以降に興味津々だったりします。
艦艇の温存を優先して戦果の拡大を拒否している時点で次巻ではやばい展開が待っていそうでドキドキものかも?
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大村芳弘
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4268765
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック