2006年02月01日

決戦空母「桶狭間」3 沖縄防衛最終決戦

コスミック出版/2006年2月1日初版発行/857円/ISBN4-7747-1093-8


決戦空母「桶狭間」(3)


レイテ沖の戦いでかろうじて勝利をつかんだ帝国海軍は、海戦直後に大型台風の直撃で大きな損害を出してしまう。
雲龍、天城が横転転覆、龍驤を座礁で戦力から喪失するなど、空母戦力が激減したのだった。
米海軍も台風で多大な被害を出したものの、工業力の差からして不利なのはどう見ても日本海軍側であった。
両海軍はしばらく作戦行動をできなくなるほど打撃を受けていたが、戦争は昭和20年元旦のソ連の満州侵攻で新たな局面を迎える。
戦場はいよいよ那覇ドックのある沖縄へと迫ろうとしているのだった。

前巻の最後のほうで、台風のために被害が増えそうだとは思っていましたが、雲龍と天城が沈むとは意表を突かれました。
台風で沈めてしまうぐらいなら、奮戦して華々しく散るような演出のほうがウケがよいだろうにもったいない。
というか、そんな強烈な台風だったら砲撃にも影響が出るだろうし、機体の軽い日本機は戦闘機動なんか困難なんじゃなかろうか……。
台湾が次の台風で航空隊が出撃不能という記述も中盤で出てくるし、作中で統一性のない設定矛盾が気になります。

まあ、そのあたりを除けばなかなかに面白いですね。
前巻のフィリピンにおける戦いで失った米陸軍の代わりに登場するのがソ連軍部隊。
満州から朝鮮半島まで怒濤の勢いで押し寄せてくるばかりか、米海軍に輸送されてなんと沖縄に上陸です。
この斬新なストーリー展開には驚かされました。
沖縄を守る海軍の沖縄根拠地隊を率いるのは栗田中将というのもびっくりですね〜。
連合艦隊最後の出撃となる大和、武蔵、信濃と関ヶ原、桶狭間、長篠が沖縄に突入するシーンがクライマックスかもしれず。
1巻で脱落したと思っていた南雲さんが活躍しているのも驚愕の展開で個人的なツボを突かれましたです。
なかなかにアツいシリーズでした。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉田親司
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4268764
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック