2005年11月05日

興国の楯 通商護衛機動艦隊 必中!「愛国」超兵器作戦

学研/2005年11月5日第1刷/850円/ISBN4-05-402918-3


興国の楯(必中!「愛国」超兵器作戦)


南方作戦を順調に進めているかのように思える大日本帝国も、輸送艦艇では順調とはいえないでいた。そこでソ連を相手にバーター取引をして戦時急造艦を造らせるというドイツへの裏切りともいいかねない取引をしていたのだった。
その取引がなければ本来は存在もしなかったような輸送船により通商さんは任務をまっとうしていた。
ニューギニアの戦力を強固なものにしようという帝国側と、そうはさせじとする米軍の戦いは、4隻の輸送船に6隻の護衛を付けた船団と、それを襲撃すべく潜水艦と4隻の正規駆逐艦を派遣した米海軍との戦いは第一ラウンドでしかなかった。
米太平洋艦隊司令部は、貴重な空母と戦艦をも投入する決断を下す……。

シリーズ4巻目の本書では、冒頭からあやしげな取引が日ソ間で行なわれています。
1万トンクラスのスクラップをソ連に提供し、見返りに鹵獲品であるドイツの液冷エンジンの提供を受けているというのが意表を突かれる展開でしょうか。
廃船を受け取るつもりでいたソ連側はほとんど損害らしい損害もない重巡ソルトレイクシティを受け取ることになるという……。
「そんなものをもらってしまって大丈夫なのかよ」という感じで、これは今後の物語展開に大きく影響してきそうな予感がする。
ソ連の外交に影響が出てくるんじゃなかろうかと思うわけです。
まあ、受け取った液冷エンジンは飛燕なんかに使われて高性能な新型機が前線で活躍するという展開で進んでいくあたりはある意味予想通りかもしれません。
通商さんの活躍は船団護衛の成功だけでなく、彗星1機でホーネットを撃沈したりしていて大活躍しているのがイイですね。
タイトルにある「愛国」ってなんだろうというのも驚くべきもので楽しませてくれました。
何よりも凄いのは終盤における戦艦と戦う辻参謀という驚愕の展開。
あまりのことに笑い転げてしまいそうで、とにかく必読です。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 林譲治
この記事へのコメント
昔のはあまり読んでないのでよく解りませんが…。

最近の林譲治作品は、荒唐無稽抱腹絶倒路線を邁進していて、思わず買ってしまいます。
ただまあ、「これが笑える奴はマニアだ」みたいなネタも多いので、笑えてしまう自分が悲しかったりもするのですが…(^^;;

ただ、どのシリーズだかタイトルを見ないと解らないほど類似性のある作品が多いので、新しい切り口とかは…あんまり、お目にかかれませんね。

とりあえず、通商さんとイギリスとの交渉については興味深く見てますが。

…それにしても、いろんな人が壊れまくってるのは…やっぱり笑えます。
Posted by えるうっど at 2006年03月25日 17:59
ホントこのシリーズは登場人物が壊れまくっていますよねぇ。
それがまた面白い方向に作用しているから、ついつい買ってしまって(笑)。
マニアックなネタにさり気なく(?)いじくられている演出もうまいなぁ、という気がします。
Posted by meyer at 2006年03月26日 11:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4268763
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック