2005年10月01日

超戦艦大和 龍神の艦隊 最終決戦

コスミック出版/2005年10月1日初版発行/857円/ISBN4-7747-1084-9


超戦艦大和


タイトルが変わっていたので見逃しそうになりましたが、龍神の艦隊の最新刊です。そう、あの大和や武蔵が合体・変形してしまうという驚愕の架空戦記ですね。
今回は3番艦信濃が登場します。艦種は潜水艦……。
なんとなく、前巻までの話で次は潜水艦かなぁ……とそんな感じはしていましたが。
本書の見どころは、生命抹殺砲「オルゴン・バスター」で押されている帝国海軍航空隊の復権です。
意表をついた対策でマリアナ沖で大反撃に出るところは燃えますね。
マッドサイエンティストを投入している米軍の振動砲(対象物質を破壊できる振動を世界中のどこにでもピンポイントに狙って放てるという超兵器)が登場して、とんでもない展開になっていくところが意表をつかれます。
最後まで奇想天外な展開で楽しませてもらえる良作でした。
突拍子もない兵器・設定に抵抗感がない人ならばですけどね。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中里融司
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4268759
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック