2005年08月25日

遠き曙光3 蘭印挟撃

中央公論新社/2005年8月25日初版発行/900円/ISBN4-12-500915-5


遠き曙光(3)


南方の資源地帯を抑えた日本軍への英米の反撃が始まった。英東洋艦隊と米太平洋艦隊が連携し、蘭印を挟撃するかのように進撃してきた。
メダンをソードフィッシュで攻撃してきた英東洋艦隊へ反撃を行なう帝国海軍は、第一南遣艦隊に増派された空母隼鷹と第二二航空戦隊でスマトラ沖の英軍空母に襲いかかっていく。
だが、本命の米海軍の新鋭戦艦部隊がバリクパパンへと迫っていた。迎え撃つのは伊勢と日向。はたして戦いの行方は?

2巻目と異なり帝国海軍の苦戦が続くストーリーとなっていました。やはりそうなるのかという感じですね。
インドミタブル、フォーミダブルの航空攻撃で翻弄され、かなりの損害を出しているし。反撃も出撃機数の割にフォーミダブルを撃沈するのみと戦果控え目であります。
バリクパパンでは伊勢級と戦わせるのはノースカロライナ級2隻とイジメていますが、伊勢の奮闘が熱くて本巻の山場かも?
ただ日向のほうはあっさりとしている感じで終わっていてアンバランスな印象を受けます。
たぶん戦隊司令の視点っぽくしようとしたからだと思うんだけど、いくらなんでも少なすぎるというか。
艦名が登場した途端に断末魔状態ですからね。
次巻はいよいよパレンバンをめぐる激闘となります。主力の第一航空艦隊の活躍に期待ですね。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 横山信義
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4268758
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック