2005年06月01日

超・空挺砲艦「火龍」3 激突!マリアナ沖殲滅戦

コスミック出版/2005年6月1日初版発行/857円/ISBN4-7747-1078-4


超・空挺砲艦「火龍」(3)


マリアナを次の決戦海面に決めて航空要塞化を進める帝国陸海軍。乱暴なことに、実際に爆弾を爆発させての緊急補修訓練まで行なって守りを固めようとしていた。さらに、かつてないほどの厳重な護衛の元に大規模な船団を送り込み、戦力の増強を行なう。一方、火龍の大火力で重爆に大きな被害を出した米軍も、B-17を改造したガンシップを投入する(B-40ベースか?)。そしてマリアナ沖で両軍の機動部隊と陸上基地航空隊の激しい戦いが始まるのだった。

意外にも決戦のマリアナの描写は終盤の2割ほど。陽動作戦や訓練にかなりのページが割かれていて、配分がややアンバランスな気がしました。全体的にみて面白いのですが、本書のタイトル的には主役の活躍がほとんどないのが残念な気がしてなりません。結局大火力で空挺砲艦タイプが活躍したのは1巻だけという感じですからねぇ。設定は面白かっただけに少々惜しい感じがします。204Pにある「新鋭、彗星艦攻」の表現にはげんなりとさせられましたが(流星の間違いか?)、目立つマイナス点はそれぐらいで、今回もなかなか楽しませてもらえましたね。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 陰山琢磨
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4268754
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック