2005年04月29日

巨翼の海原 下 連合艦隊加州戦記

銀河出版/2005年4月29日初版/857円/ISBN4-87777-072-0


巨翼の海原(下)


二式特殊輸送飛行艇「大鷲」を使って陸軍部隊をピストン輸送する日本軍は、ほかにも新兵器を投入して戦力を強化していた。
混乱する前線の状況が把握できずに効果的に防衛ができない米軍とは対照的に、次々と増援が到着する日本軍は押しまくる。
サンベルナルジノでの戦車戦での勝利、フーバーダムの破壊と勢いに乗る日本軍だったが、終戦へ向けての工作が始まっていた。

上空援護用の戦闘機を成層圏を飛行する巨大飛行船で輸送したり、新型戦闘機がミッドウェーで大活躍していたりと、さすがは技術立国を目指した結果だけはあるかなという展開が待っていました。
航空機だけでなく戦車も日本側のほうが優秀というあたりからして、もはや米軍の取るべき選択肢は物量しかないんだけど、制空権がないからなかなか送り込めないあたりが新鮮。
米本土へ上陸する架空戦記はほかにもあるけれど、ここまで優勢なのは珍しい気がしますね。
世界中どこでも好きなところへ陸軍を送り込めるという脅威的な大鷲の存在が目立つイイ作品でした。
終戦の交渉でも影響を持っていたようだし、タイトルになるだけあって大活躍です。
作品中で開発段階として登場しつつ、活躍もないままに終わった兵器なんかもあるけれど、もしかして終わったのは日米戦だけで続きの話が出たりするんでしょうかね?
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 橋本純
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4268750
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック