2005年02月07日

皇国の機動要塞 マリアナ海域、浪高し!

経済界/2005年2月7日初版発行/857円/ISBN4-7667-3106-9


皇国の機動要塞(マリアナ海域、浪高し!)


委任統治領のガルダ島周辺は遭難が相次ぐ魔の海として恐れられていた。南洋庁より海洋調査を依頼された帝国海軍は、伊五一潜を派遣するが遭難してしまう。唯一の生き残りである水偵の搭乗員の証言と記録写真から、ガルダ島周辺の海底には天然ガスが存在することが判明。ここに人造石油基地を建設し、日本の石油の国内消費を合成石油でまかなうことになる。ただ、ガルダ島はグアム島からわずか300キロ。帝国海軍は従来の邀撃作戦が役に立たなくなり、戦略の見直しを迫られる……。

石油の国内消費を50〜100年は賄えるという資源が発見されて日米共に戦略の見直しが必要になるという斬新な設定の新シリーズが始まりました。よくもまあ、こういろいろとネタが出てきますよね。発想の柔軟さには尊敬してしまいます。物語は天然ガスが見つかってそれが合成石油にできるなんて簡単なものではありませんでした。発見された場所も問題ですが、工場の資材が国内で作れず輸入に頼なればならないと。工場建設の工期の第2期までで国内経済が大発展したために、日本はドイツとは同盟を結んでいない状態。石油プラント関連の資材ということで、輸入も困難なわけですが、ドイツに押されているイギリスがほぼ空母へ改装し終えた給油艦剣崎との現物交換で取引に応じてきます。亜細亜で動乱が起こると戦力が欧州に集中できないという理由と、軽空母を得るメリットを考慮して。その艦隊を某国が潜水艦で攻撃して世界情勢が大きく変わっていくという展開も面白いと感じました。戦闘はほとんどないけど、これは期待できそうなシリーズの予感大です。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 林譲治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4268744
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック