2004年11月19日

巨翼の海原 上 連合艦隊加州戦記

銀河出版/2004年11月19日初版/857円/ISBN4-87777-065-8


巨翼の海原(上)


技術者を引き抜き国力を増大させていく日本。開戦と同時に真珠湾、アリューシャンを機動部隊で攻撃太平洋全域の制海権を握る。南方の資源地帯には何故か手を出さず、反撃のために集結している米空母5隻をミッドウェーに誘引し激しい航空戦を繰り広げた。双方共に大きな損害を出したその海戦からわずかのち。日本陸海軍は276機の二式特殊輸送飛行艇「大鷲」を動員して一挙に西海岸への上陸を狙うのだった。

戦車まで輸送できてしまう超巨大飛行艇が登場するという期待の新シリーズ。本土へ上陸するためならば連合艦隊をすりつぶしてもかまわないという覚悟で戦う海軍は大きな戦果を上げていますね。陸海軍が協力的だし。でもあくまでも主役は大鷲か。前線への補給問題を一気に解決してしまう裏技的存在。西海岸へ上陸したわけで、下巻での活躍に期待したいところです。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 橋本純
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4268734
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック