2004年11月19日

血闘絶対国防圏 上 〜邀撃の巻〜

銀河出版/2004年11月19日初版/857円/ISBN4-87777-064-X


血闘絶対国防圏(上(邀撃の巻))


昭和18年、木星が太陽と化し、夜がほとんどなくなった世界が舞台。それにしても夜がなくなるというのは恐ろしいですね。戦わねばならない時間が増大しているわけで。天変地異を口実にラバウルを放棄してマリアナを決戦場と決めた連合艦隊。それに対して大統領の急死で作戦が前倒しになった米軍は1943年12月にマリアナに来寇。戦闘機のみで防空に徹する南雲提督率いる一航艦は大きな戦果を上げるが基地機能は喪失してしまう。地上戦は自走砲ホルの活躍で防衛線をかろうじて維持している陸軍。そんな状況でサイパン近海の制海権を掛けて機動部隊同士が激突。さらに前衛艦隊の大和以下5隻の戦艦群と米戦艦群の間で砲戦が発生する。

巫女の回想部分の書体がたぶん新正楷書CBSK1なんですが、この級数では読みづらい。やっぱり見出し用の書体なんだなぁ……などと、全然内容に関係ない感想を持ってしまいました。いやぁ、現実を見ないとダメか。船主の伯爵のほかはメイドばかりという仮想巡洋艦ワルキューレが登場しています。最大の武器は460センチの反射望遠鏡? 装備しているポンポン砲で航空機を撃墜したぐらい。うーん、妙な船をわざわざ出したのだから下巻で活躍するんでしょうかね。しかし、メイドたちが砲を操作するシーンは想像が困難だなぁ。銃はまほろさんの姿が浮かぶけど、砲の操作はちょっとイメージが浮かびませんねぇ。

見どころはやっぱり主力艦同士の戦いかな。ホルは活躍しているとはいっても、登場してすぐにいきなり半減してなんとも微妙……。それにしても、最後すごいことになっているんだけど、どうなっちゃうのか下巻が気になるところです。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉田親司
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4268733
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック