2004年10月01日

装甲空母「関ヶ原」3 ガダルカナル大炎上!

コスミック出版/2004年10月1日初版発行/857円/ISBN4-7747-1053-9


装甲空母「関ケ原」(3)


ミッドウェー海戦で双方ともに大損害を受けた本シリーズ。血戦の舞台はガダルカナルへと移りました。周辺海域でともに望まぬ消耗を繰り広げ、たまたま双方が同時に撤収を考えて激突。ついに関ヶ原はアングルド・デッキが崩落するほどの大破を被ります(艦の重心が大きく狂いそうなのだが大丈夫なんだろうか?)。そうなっても普通の空母としての戦闘力が残るがために酷使される関ヶ原。ドイツの客船「シャルンホルスト」を那覇ドックが買い受けて改装した決戦空母「桶狭間」も前線に登場。その活躍で大消耗戦となる前に撤収に成功します。押されているものの、まだ健闘している感じですね。

それにしても、空母が不足してきている本巻でも関ヶ原には航空隊が定数揃っていないという悲惨な現実。何巻まで続くのかはわかりませんが、関ヶ原は一度ぐらいは定数いっぱいの艦載機を載せて活躍できるんでしょうかねぇ。あと、桶狭間の代金ってあまりにもご無体な……(笑)。小沢さん、それはちょっと……。轟木社長も、そこは商売人ならば妥協しちゃいかんでしょう?
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉田親司
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4268723
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック