2004年08月25日

烈日 下 ミッドウェー1942

実業之日本社/2004年8月25日初版発行/900円/ISBN4-12-500864-7


烈日(下)


パスしようかと思ったが、やっぱり上巻を読んだら下巻までつき合うか……と結局購入しちゃいました。一時は蒼龍に損害を受けたものの、第二航空戦隊の活躍で航空隊はほぼ相打ちに。母艦は赤城と加賀が絶望的な中、敵の母艦はいずれも撃沈にまでは至らず、水上艦による決戦を求めて機動部隊の護衛艦艇は前進。敵空母が戦闘不能になっているからこそですね。ヨークタウンとホーネットを曳航しようとしていた敵艦隊も曳航を諦めて迎撃したため大規模な海戦が発生するというものでした。……やはり下巻だけでよかった気がする。要するにこれは帝国海軍の夢、艦隊決戦をさせたかったということ?
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 横山信義
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4268715
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック