2001年10月01日

中国の逆襲 下 極東クライシス

コスミック出版/2001年10月1日初版発行/857円/ISBN4-7747-0440-7



中国の封鎖作戦に素早く反応した台湾・アメリカ・日本。沿岸部のミサイル陣地の撃破をアメリカが引き受け、日本は掃海艇部隊を第一護衛群と第二護衛群が守って掃海を開始する。電子装備に勝る日米は中国空軍を撃退。ついに中国は弾道弾による台湾攻撃を開始した。

上巻とは打って変わって激闘編というべき展開の下巻です。引くに引かれぬ状況で暴走していく紅軍が読んでいてあまりにも不幸に感じてしまいます。それにしても、本巻で登場している52発発射された弾道弾のほとんどを撃破するシステムの構築は現実でも早く実現してほしいところ。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 高貫布士
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4268640
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック