2000年06月01日

第七航空艦隊戦記3 アフリカ沿岸危機一髪編

コスミックインターナショナル/2000年6月1日初版発行/800円/ISBN4-7747-0242-0



イギリスのインド洋艦隊を撃破した第七航空艦隊はアフリカ沿岸部での作戦を行なっていた。イタリア軍の漂流者を救助した艦隊は、捕虜となっている友軍イタリア軍将兵を救出するべく陸戦隊を編成することになるのだった。

イギリス海軍の窮状を救うべく米海軍の護衛空母2隻がインド洋に派遣されるものの、終盤にちょこっと登場するぐらい。陸戦隊による捕虜収容所襲撃・解放作戦がメインという非常に地味なお話です。こんなんで売れるのかなぁ……と心配してしまいましたね。使えないであろうイタリア軍を救出しにいくという無茶な作戦はなんとも……。むしろ、重要なのは、山本長官が重大な作戦の開始直前に生牡蠣にあたって入院し、さらに松田大尉と西尾看護婦のドジから退院直前に長官を骨折させるという、闇に葬らなければならないような事件を起こしているところが次巻への伏線か。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 橋本純
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4268614
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック