2000年04月25日

漆黒の艦隊 THE SHADOW FLEET2 好機は闇にあり

KKベストセラーズ/2000年4月25日初版発行/848円/ISBN4-584-17880-1


漆黒の艦隊(2)


夜間攻撃に専念し、被害らしい被害を出さずに戦果だけはあげ続けてきた機動部隊の森参謀長。だが、GF司令部や軍令部には消極的としか思われず、新設の二十六航戦に左遷されてしまう。軍人は己の職務を果たすのみといわんばかりに、一式陸攻を夜間攻撃専用に改造して速やかな戦力化を行なうのだった。その錬成した部隊はガダルカナルの攻防戦に巻き込まれていく……。

成果を上げているのに正当な評価が得られないという不遇な森参謀長。戦果がすべてで戦力維持が二の次という日本海軍ではそうなってしまうのも不思議ではありませんね。それでも腐らずに立派に責務を果たすのが軍人の鏡というべきか。ことごとく進言をのけられて左遷させられたような彼は、どのような心境で戦ったのか。そのあたりが見どころでしょう。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大村芳弘
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4268612
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック