1999年10月01日

第七航空艦隊戦記 第一部ハワイ疾風怒濤編

コスミックインターナショナル/1999年10月1日初版発行/800円/ISBN4-7747-0220-X



連合艦隊司令部のハワイ奇襲作戦は却下され、陸軍提案のハワイ占領作戦が行なわれた世界が舞台。機動部隊の空襲下、脱出する太平洋艦隊の目前で謎の浮上をした特殊潜行艇。これが原因の転舵でネバダとカリフォルニアが追突し、真珠湾が閉塞されてしまった。上陸した帝国陸軍の攻勢でハワイから脱出できなかった艦艇を拿捕され、帝国海軍の第七航空艦隊として編成され、再戦力化されることとなる。だが、エセックス級などの新造艦で戦力を立て直した米海軍もハワイ奪還に乗り出した。ハワイをめぐって両軍が激突する!

意表をついた占領による艦隊の拿捕。それも開戦が12月10日で空母まで押さえているという展開で、拿捕艦を中心に編成された第七航空艦隊が誕生し、それが本シリーズの主役。はみ出し者を中心に集められた艦隊要員ゆえに戦力と思われておらず、ありがちなお約束で囮となるわけですが、ずぼらさが幸いして戦果を上げていくというストーリー。結構楽しめます。名物キャラとなりそうな登場人物が数人いて伏線らしきものがちらほら。主力の赤城と加賀がハワイ沖で撃沈されるのに、第七航空艦隊はたいした被害もなく切り抜け、戦果を上げてしまうあたりが連合艦隊の立場なしかも。それにしても、占領したハワイから、燃料や武器・弾薬だけでなく、燃料タンクから標識に至るまで根こそぎ資材となりそうなものをすべて略奪しているという話は爆笑ものでした。

54ページに「輸送船堕」という誤変換があるんだけど、どう変換したらそういう文字になるんだろう? 妙に気になってしまいました。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 橋本純
この記事へのコメント
「輸送船堕」
・・・輸送船隊ですな・・・
Posted by とんちゃん at 2006年11月01日 23:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4268603
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック