1998年10月06日

機密空母赤城4

学研/1998年10月6日第1刷/760円/ISBN4-05-400989-1


機密空母赤城(4)


卑怯な開戦に怒った遣欧艦隊は、密かに大西洋を渡り、ノーフォークへ奇襲をかける。ヨークタウン、ワスプ、ホーネットを撃沈し鮮やかに引き上げた。一方、太平洋ではグアムを囮に連合艦隊は迎撃を計画。伊19が空母ラサトガを撃沈し、トラックの第二四航空戦隊の攻撃で戦艦2隻と軽巡1隻に損害を与えるが、報復の艦砲射撃でトラックは基地機能を完全に喪失。そして両国の艦隊はマリアナ沖で激突する。サイパンから第一一航空艦隊の夜間攻撃から始まった海戦は機動部隊と南雲率いる重雷装艦部隊の活躍で主力艦の決戦に有利な状況に持ち込み勝利した。

シリーズ最終巻の本書は赤城の活躍よりも太平洋の戦いのほうがページが多いかもしれません。どういうプロットで執筆していたのか疑ってしまうのは、欧州での戦いが終わって遣欧艦隊が帰国するシーンがあり、デンマーク沖で大損害を受けた赤城が改装されている描写があるのに、そこから20ページもせずに物語は終結するという謎。もしや打ち切り?
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 福田誠
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4268579
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック