1997年11月07日

機密空母赤城2

学研/1997年11月7日第1刷/760円/ISBN4-05-400881-X



報復のために大挙して満州へ攻め込んできたソ連軍。圧倒的な兵力差になすすべなく帝国陸軍は敗退。海軍の艦砲射撃による支援が得られる遼東半島を残し席巻される。海軍は陸軍の要求でウラジオストックを攻撃。その際に空母赤城は被弾・炎上。大損害を被った。どうにか停戦に持ち込めた日本だが、欧州では大きな戦乱が起ころうとしていた。

本巻で重要なのはおそらく陸軍が壊滅してしまい、指揮官クラスの人材が払底してしまったこと。もう陸軍は再建が困難で大量徴兵なんてできません。自然と機械化へ進んでいくことになります。海軍のほうは潜水艦の襲撃から輸送船団を守れずに船団が壊滅するという戦訓が得られるわけですが……。次巻以降で海軍はどういう対策を取るんでしょうね。それにしてもこの著者は章立てが細かすぎる気がする。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 福田誠
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4268559
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック