1996年05月20日

無敵艦隊出撃せよ 無敵艦隊計画の誕生

KKベストセラーズ/1996年5月20日初版発行/757円/ISBN4-584-17759-7



『航空艦隊遂に発つ』『潜水艦隊遂に征く』シリーズと関連性があるシリーズ。それらの作品で登場する架空の兵器も登場します。とはいえ、そのようなものは誤差レベル。なんと、日本海軍は大艦隊の建造に乗り出してしまうのです。どこにそのような国力があるのかという感じながら、ここまでやってしまうよステキな展開は、なんと「大和型4隻、50cm搭載の超大和型4隻」だけでなく、「大鳳級2隻にアングルドデッキの超大鳳級4隻」に「超甲巡4隻」を建造してしまおうというぶっ飛んだ展開になっていきます。とはいえ、1巻では建造開始までの物語が綴られていて、戦闘はほぼなし。かなり割り切った作りで技術的な話だとかがメインで進んでいくのでした。いやぁ、そんなに艦隊を整備できればねぇ……とか思うぐらいの思い切った日本の国力水増しの設定が印象的です。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日向仁
この記事へのコメント
この著者「日向仁」は大和ミュージアム館長戸高一成氏のペンネームだそうですが御存知でしたか?
しかも「紺碧の艦隊」のブレーンだったそうです。

戸高氏怪し過ぎる人物だと思いますがどうでしょう?
Posted by 岩見浩造 at 2014年02月03日 23:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4268539
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック