2008年06月10日

新東亜大戦 昭和20年日米開戦

学研/2008年6月10日第1刷発行/900円/ISBN978-4-05-403788-5




軍令部総長の永野修身が急死し、後任に山本五十六が抜擢された世界の話となっている。
昭和16年10月の御聖断でハルノートを受け入れて交渉を開始すると共にその内容を公表し、外交で蒋介石陣営と休戦したり大英帝国とうまく交渉していたりする展開。
それでも時間を稼ぐことしかできず、昭和20年末に今度は回避の出来ない状況になり宣戦布告されて戦いが始まるという舞台設定だ。
そこに至るまでの状況描写が案外長くて、全体の2/3ほどを占めている。
台湾空襲から始まる戦いは、P38/P47に疾風/紫電が襲いかかり、B-29には鍾馗/雷電/震電が襲いかかるというもの。
震電が実戦投入されて活躍しているのがこの作品のポイントですね。
南方の資源地帯からの輸送船団を巡って海戦が発生しそうな演出で盛り上がって本書はストーリーが終わっている。
気になったら次巻も買えということのようですね。
この著者は状況描写が必要以上に長すぎるケースが多いから、次巻にはやや躊躇いを感じるけど覚えているうちに発売されたら買ってしまいそうだ。
記憶が残っていて気になっている時期に見かけたら、誘惑に負けちゃいそうだもんね。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 高貫布士
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15859686
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック