2008年06月05日

列島大戦 NEOジャパン2 新連合艦隊出撃!

経済界/2008年6月5日初版発行/895円/ISBN978-4-7667-3135-4




ミッドウェイ海戦の直後に21世紀の日本列島がまるごと時空転移してしまった世界を描く架空戦記の2巻目。
絶対防衛ラインを宣言し、その中へ侵入してきた敵を排除するマリアナ沖の戦いが描かれている。
舞台となる世界の説明がほとんどだった1巻目と異なり、本巻は後半で派手に戦いを行なってくれているのがいい感じだ。
八万六〇〇〇トンの自動車運搬船などを空母に改装しているため、恐ろしいまでの空母戦力を揃えているのが反則的かもしれない。
しかも、空母を守る第一護衛艦隊の司令官は南雲忠一だったのが少々意外だったかな。

いうまでもなく艦隊は最新技術で鉄壁の防御体制なのでとんでもない戦いになる。
潜水艦はアスロックで返り討ちだし、防空はミサイルに八〇ミリ速射砲で、討ちもらしたらさらに機関砲で万全という無敵状態。
170機の攻撃隊を全機叩き落とすまでに3分26秒という衝撃的な展開を見せてくれる。
さらに深度四〇〇メートルの潜水艦からの対潜攻撃能力を見せてしまっているが、これまた全滅するのてその情報が相手側に残らないから戦訓にならない。
反撃も500機という大規模で行なって圧倒的だ。

GPS代替の人工衛星を打ち上げているし、通信衛星や偵察衛星も打ち上げるようだし、圧倒的な技術格差がどのようにこの先に影響してくるのか気になる展開といえる。
満州帝国とソ連が全面戦争に突入しているだけに、次巻がかなり気になるかな。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 羅門祐人
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15756192
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック