2008年03月25日

飛翔の海戦3

実業之日本社/2008年3月25日初版発行/857円/ISBN978-4-408-60489-3




状況的には、ミッドウェー駐留の帝國陸海軍航空隊と、ハワイ方面の米陸海軍の航空戦が行なわれ、補給で苦労しながらも帝國陸海軍航空隊が善戦しているというところから本書は始まる。
パナマ運河が破壊されて使えず、やむなくドレーク海峡を通過して大西洋から太平洋に戦力を移していく米海軍と、それを迎え撃つ帝國海軍潜水艦というのが本書のメインかな。

2巻でパナマ運河を破壊することに成功した帝國海軍が、はるばる南半球へと潜水戦隊を送り込んで迎撃している。
第一撃は潜水艦発射の熱源探知誘導の噴進弾。
動揺している艦隊への第二撃は酸素魚雷と音響追尾魚雷による雷撃戦となる。
派遣距離が距離だけに参加艦艇数は少なく、大型艦艇の撃沈には至らないのは仕方のないところだろう。
熱源探知誘導が実用化されるところは開発ペース早いな〜とか思わされるけど、夢物語というものでもないしアリかと。

かなりのページ数を割いている割には大型艦艇の撃破がならず、時間を稼いだだけとなったマゼラン海戦後は、米海軍は防備の硬いミッドウェーではなくウェーキへと攻め込んでくる。
陸軍航空隊の飛燕Ⅱ型が奮戦して新鋭機F6Fを撃破するなどのシーンが描かれていて太平洋の戦いがそこそこ楽しめると思う。

とはいっても、中盤過ぎまでの潜水艦による襲撃は架空戦記に派手さを求める人にとってかなり物足りなさを感じる展開だろうし、そこで満足できない人は島嶼での航空迎撃戦も微妙なんだろうね。
地味な面での戦いの描写も結構好きな自分は「こんなところから来たか」と思うだけだけどね。
あと、うんちくを披露するのは適度ならばよいと思うのだが、この著者の場合はそれが多すぎて物語のほうがそのぶん薄くなる傾向があるのは今回も同じだったかな。
著者の2次大戦の知識はまあ十分ある感じでよいのだけれど、いつも物語の(ストーリー配分などの)構成がどこかずれているというのは担当編集がアドバイスすべきだと思うのだが……。
担当編集者は架空戦記に興味がないのかなぁ〜。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 高貫布士
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13463799
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック