2008年09月01日

超機動空母「潜龍」1第零航空戦隊出撃せよ!

コスミック出版/2008年9月1日初版発行/895円/ISBN978-4-7747-1139-3




極秘に建造していた潜水空母「潜龍」が活躍する新シリーズ。
大和級戦艦と翔鶴級空母を建造せずに、潜水艦1隻を建造したという驚愕の設定だ。
すなわち、搭載機288機、全長600m幅70mの超大型潜水空母が主役となるぶっとびの設定が魅力の作品といえるかな。
潜水艦であるため機動力がないわけで、タイトルの「超機動空母」というのには大いに疑問を感じてしまう。

訓練や作品舞台の説明で前半が終わってしまっているので、一刻も早くどのような戦い方をするのか知りたい人には不満を感じるところかもしれない。
初陣はハワイ奇襲とお約束のパターンで始まっている。
通常の空母機動部隊ならば艦隊の秘匿性の問題で開戦直後に攻撃せざるを得ないのはわかるんだけれど。
潜水可能な潜龍ならば状況を探りながら開戦数日後の相手が警戒を解いたあたりでの奇襲や、空母が停泊中の時を狙っての攻撃だって可能だろうに、著者がそのような柔軟性をもっていないようだ。
いつものようにお約束で、開戦時間厳守で外務省のアホのせいで無用な敵愾心を生む展開となっていた。

奇襲が成功したあとは訓練に明け暮れてミッドウェー作戦となる。
翔鶴級が存在しない世界なので、MO作戦は蒼龍と飛龍で行ない、被害のためにミッドウェーへは赤城と加賀しか参加しないということになってしまう。

うーん、隠密性と打撃力を考えたら、ハワイ作戦が終わったら、正体がばれて戦力価値が落ちる前にパナマ運河攻撃で経済的・戦力配置の柔軟性に打撃を与えるとか、西海岸の工業地帯を空襲するのが自然な感じがするんだが……。
そういう性格の艦が主役なんだし。

でも、なぜか史実に近い流れにしたがることが多い著者の癖が今回も出てしまっている感じですね。
赤城と加賀はミッドウェー海戦で喪失したみたいだし、まともな空母戦力が少ない設定のこの作品はどこへ向かうのだろうか?
主役となる艦の性格的に活躍の場がかなり限られそうだから、妄想爆発展開の駄作となるか、うまく設定を活かせずに迷走しそうな予感がしてしまう。
そんなわけなので、2巻目でどういう展開を迎えるのか非常に気になる感じかな。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大村芳弘