2008年06月10日

新東亜大戦 昭和20年日米開戦

学研/2008年6月10日第1刷発行/900円/ISBN978-4-05-403788-5




軍令部総長の永野修身が急死し、後任に山本五十六が抜擢された世界の話となっている。
昭和16年10月の御聖断でハルノートを受け入れて交渉を開始すると共にその内容を公表し、外交で蒋介石陣営と休戦したり大英帝国とうまく交渉していたりする展開。
それでも時間を稼ぐことしかできず、昭和20年末に今度は回避の出来ない状況になり宣戦布告されて戦いが始まるという舞台設定だ。
そこに至るまでの状況描写が案外長くて、全体の2/3ほどを占めている。
台湾空襲から始まる戦いは、P38/P47に疾風/紫電が襲いかかり、B-29には鍾馗/雷電/震電が襲いかかるというもの。
震電が実戦投入されて活躍しているのがこの作品のポイントですね。
南方の資源地帯からの輸送船団を巡って海戦が発生しそうな演出で盛り上がって本書はストーリーが終わっている。
気になったら次巻も買えということのようですね。
この著者は状況描写が必要以上に長すぎるケースが多いから、次巻にはやや躊躇いを感じるけど覚えているうちに発売されたら買ってしまいそうだ。
記憶が残っていて気になっている時期に見かけたら、誘惑に負けちゃいそうだもんね。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 高貫布士

2008年06月05日

列島大戦 NEOジャパン2 新連合艦隊出撃!

経済界/2008年6月5日初版発行/895円/ISBN978-4-7667-3135-4




ミッドウェイ海戦の直後に21世紀の日本列島がまるごと時空転移してしまった世界を描く架空戦記の2巻目。
絶対防衛ラインを宣言し、その中へ侵入してきた敵を排除するマリアナ沖の戦いが描かれている。
舞台となる世界の説明がほとんどだった1巻目と異なり、本巻は後半で派手に戦いを行なってくれているのがいい感じだ。
八万六〇〇〇トンの自動車運搬船などを空母に改装しているため、恐ろしいまでの空母戦力を揃えているのが反則的かもしれない。
しかも、空母を守る第一護衛艦隊の司令官は南雲忠一だったのが少々意外だったかな。

いうまでもなく艦隊は最新技術で鉄壁の防御体制なのでとんでもない戦いになる。
潜水艦はアスロックで返り討ちだし、防空はミサイルに八〇ミリ速射砲で、討ちもらしたらさらに機関砲で万全という無敵状態。
170機の攻撃隊を全機叩き落とすまでに3分26秒という衝撃的な展開を見せてくれる。
さらに深度四〇〇メートルの潜水艦からの対潜攻撃能力を見せてしまっているが、これまた全滅するのてその情報が相手側に残らないから戦訓にならない。
反撃も500機という大規模で行なって圧倒的だ。

GPS代替の人工衛星を打ち上げているし、通信衛星や偵察衛星も打ち上げるようだし、圧倒的な技術格差がどのようにこの先に影響してくるのか気になる展開といえる。
満州帝国とソ連が全面戦争に突入しているだけに、次巻がかなり気になるかな。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 羅門祐人