2007年12月30日

灼熱の巨竜 最強戦艦決戦 ラバウル強襲1943

実業之日本社/2007年12月30日初版発行/857円/ISBN978-4-408-60475-6




ラバウルをめぐる激闘を描いた架空戦記。
戦艦大和を旗艦とする第二艦隊がラバウルに入港したところから激闘が始まっている。
本書はタイトルに反して、大和と武蔵が狭いラバウル軍港内で米機動部隊艦載機の空襲を受けて大損害を出してしまう展開となっている。
総ページの6割ほどまでは第二艦隊の苦闘と反撃に出た基地航空隊と陸上基地へ進出した第三艦隊の艦載機の戦いが綴られていた。

気になるタイトルの戦艦決戦部分は「それはないだろう?」という感じで、残りの4割の部分に戦艦を支援する補助艦艇同士の戦いなど込みで書かれている。
無傷のサウスダコタ級とノースカロライナ級の計6隻を迎え撃つのは、大損害を受けた大和と無傷の長門を主力とする艦隊。
武蔵は空襲の被害も回復していなくてラストでちょっと出てきて戦うのみ。
「最強戦艦決戦」なんてどこにもない。
空襲ですでに満身創痍となっている大和とノースカロライナ級4隻の戦いや、大和が撃破されたあとに出てくる武蔵が数回射撃するだけではどう考えてもタイトルに問題ありだ。
タイトルに惹かれて購入した読者の期待を裏切ることは間違いなし。
作家がつけたタイトルか編集サイドがつけたタイトルかはわからないが、いずれにしろ適切じゃないタイトルをつけている騙し的売り方はいただけないと思う。
架空戦記はただでさえ他ジャンルと比べて作品の平均的な出来が悪いジャンルなのに、だめ押しの追い打ちを掛けたら購入する読者が減っていくばかりとなるよ……。
ページ数は多くていいんだけど、タイトル騙し系じゃ意味ないよなぁ〜。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 内田弘樹

2007年12月28日

列島大戦 NEOジャパン 運命の転換

経済界/2007年12月28日初版発行/895円/ISBN978-4-7667-3130-9




ミッドウェイ海戦が終わった直後へと平成日本が時空転移してしまったというのが本書から始まるシリーズの特徴。
資源さえあれば圧倒的な生産力を持ち、突出した技術力を持った日本が太平洋戦争へと巻き込まれていくというもの。
優柔不断な首相(現実でも情けなさ過ぎる対応を繰り返しているF総理がベース)のせいでB-17の空襲で急襲で大きな犠牲を出してしまい、挙国一致内閣で立ち向かうことになるまでの過程とかが語られる。
帝國海軍は平成日本に帰属することになったようだけど、関東軍は離脱して満州帝國に所属して別の道を歩むことになっているあたりが次巻以降の見どころになりそうな感じかな。
兵器のほうは平成時代の技術でチューンされていくようで、零戦が改良される記述もあった。
ただ、戦記物で重要な戦いはほとんどなく、シリーズ1巻目ということで世界観などの設定面を主に描いている1冊だ。

かなり長い話になるようだけど、どういうペースで続刊が出てくるのだろうか?
ペースが遅いのに別シリーズを次々出される今までのパターンが今回も繰り返されると、「どこまで買ってたっけ?」となってわからなくなったところでまた自分は「もういいや」と途中で購入をやめてしまいそうだ(苦笑)。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 羅門祐人

2007年12月10日

興国の楯 通商護衛機動艦隊 奇襲!ロイヤルサブリン追撃指令

学研/2007年12月10日第1刷/900円/ISBN978-4-05-403624-6




戦艦1、巡洋艦1、駆逐艦2の小規模な英海軍の艦隊を追跡する通商さん。
ある作戦の元に、潜水船二一号は護衛の駆逐艦を撃沈し、追跡を続けていた。
そこに敵は援軍としてコルベットを送り込んでくるが、コルベットは優秀で僚船である潜水船二二号を撃沈されてしまう。
商船改装空母との合流を目指す敵艦隊の先手を取った通商さんは、合流前に敵空母バリスタに対して空母平家から攻撃隊を送り込み撃沈。
合流を阻止するのだった。
死闘の果てにコルベットを撃沈して巡洋艦を沈めていく通商さんの目的は……戦艦の鹵獲?

というわけで、本巻は通商さんが戦艦ロイヤルサブリンを降伏させて手に入れるべく行なう一大作戦が語られている。
コンクリートで船体が作られた輸送船が登場しているのも面白い。
爆弾の至近弾で沈みそうになるさまは思わず爆笑しそうになってしまった。
しかし、この作戦のためだけに連結すると浮きドックになるコンクリート船を用意したなんてことはあり得ないから、次巻以降でどういう活躍をするのか気になるところだ。
戦艦をゲットしているのに本巻で終わりということはないだろうから通商さんのさらなる活躍を期待したい。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 林譲治

2007年12月04日

超戦艦艦隊 最強戦艦出撃!

経済界/2007年12月4日初版発行/895円/ISBN978-4-7667-3129-3




ハルノートへの対案で昭和16年末の開戦を回避すべく、大日本帝国は戦艦伊勢と日向をまず解体し、続いて扶桑と山城を解体することでアメリカの妥協を引き出した。
さらに建造中の大和を公開することで抑止力として時間を稼ぎ、いずれは避けられない戦いに備えて戦備を整えていく。
米海軍も大和級に対抗するのが難しいと踏んだアイオワ級戦艦をキャンセルし、モンタナ級の建造を急ぐことになる。
だが大和は密かにガスタービンを採用して34ノットの速力を発揮するよう設計が改められていた。
モンタナ級3隻が就役し、米海軍の準備が整ったとき、ついに日米は開戦するのだった……。


航空機の威力を信じる帝國海軍は高速戦艦として大和級を建造しているというのと、開戦が昭和19年となるのが特徴の本書。
開戦時には零戦とP47サンダーボルトという圧倒的不利な戦いでフィリピンで多くの戦闘機を失う衝撃的な展開があってドキドキもののスタートですなぁ〜。
タイトルから戦艦同士の戦いを期待する人も多いと思うんだけど、モンタナ級との戦いは水雷戦隊任せで大和級戦艦は空母を狙おうとするし、少なくとも1巻目である本巻では戦艦同士の戦いという面では期待を裏切られることだろう。

あとは本書では著者はミスが多くてがっかりさせられてしまった。
P77ではドイツとソ連の戦いを西部戦線とか書いているし。
P99でモンタナ級がいるかわからない以上は真珠湾攻撃は投機的とか黒島参謀に言わせておきながらP105では強硬に真珠湾攻撃の実行を主張させるとかいう矛盾。
九七陸攻とかいう記述もあるし、司令部方針が第一攻撃目標は空母と決まってすぐあとのページで攻撃目標は戦艦とか指示している鳥頭的いい加減さ。
うーむ、この著者って以前はここまでひどい作品を出していなかった気がするんだけど、どうしちゃったんだろう?
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 青山智樹