2006年02月08日

欧州動乱1947 帝国の粛清

学研/2006年2月8日第1刷/850円/ISBN4-05-402984-1


欧州動乱1947


ドイツがファニーウォーで時間が過ぎていく間に、時間のかかる艦艇の建造ではなく航空艦隊の増強に励み、英海軍を空から圧倒してイギリス本土までもドイツ国防軍が制圧した世界が舞台となっているか空戦記です。
帝国はドイツ陸軍の電撃戦を理解して戦力が急激に拡大するソ連赤軍に対抗するため、赤軍への恐怖を共通して認識しているドイツ国防軍と共同で戦車を駆逐する駆逐戦闘重機械「マンムート」を開発する。
重厚な装甲と128ミリの連装砲塔を備え、ジェットエンジンで駆動するという非常識かつ膨大な支援車両が必要な対戦車戦闘専門の機械が誕生したのだった。

戦車のエンジンがジェットだとか、主砲が連装だとかいうあたりで( ゚д゚)ポカーンという感じで驚かされるトンデモ系気味の架空戦記でした。
だいたい機動力を活かしてアウトレンジから敵戦車を粉砕するならば150ミリなどの装甲は過剰だし、装甲を活かして機動力不要ならば選定されるエンジンはもっと取り扱いやすい稼働率や整備性を考慮したもののはず……という感じで、なんだかイマイチしっくりとこない設定のまま話が進んでいく感じです。
主役となるそのマンムートは終盤でようやく活躍が始まります。
1947年のクーデターで総統が暗殺され、新政権に反旗を翻すSS部隊。
同胞相撃つのは避けたいドイツ国防軍がマンムートの試験で派遣されている帝国陸軍部隊に依頼してSS部隊をわずか3両のマンムート主体の戦力で迎撃するという無茶な戦いがクライマックスです。
個人的には、なんだか内乱がテーマという感じで盛り上がりに欠けたままストーリーが完結してしまった感があります。
主役の兵器が突拍子もないものだったからそういう印象が残ったのかもしれませんけれど。
戦闘メインというモノを期待している人には向かないと思いますが、バックグラウンドなんかのストーリーに興味あるという人ならばそれなりに面白いと感じるんじゃないでしょうか。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 陰山琢磨

2006年02月05日

死闘!特設第三水雷戦隊2 ミッドウェイ敵漸減作戦

実業之日本社/2006年2月5日初版発行/857円/ISBN4-408-60355-4


死闘!特設第三水雷戦隊(2)


戦艦を一撃で葬り去ったことから一躍注目を浴びるようになった乙標的。特設水雷戦隊は潜水艦への補給任務で重巡鈴谷を主力とするわずかな護衛艦艇とともにミッドウェイ方面へ展開していた。
そんな彼らがバッタリ遭遇したのはミッドウェイ島へ移動中の第十七任務部隊。劣勢な特設水雷戦隊は乙標的を投入することになるのであった。
修理をしながら第十六任務部隊との合流を急いでいた空母ヨークタウンと軽巡アストリアを乙標的で撃沈し、鈴谷がポートランドを撃沈するという快挙があり、ミッドウェイ島は放棄され第十六任務部隊はハワイへ撤退する。
そうして帝国海軍は空母を8隻保有したままソロモン海へと戦場を移すのだった。

戦艦撃沈という成果をきっちり出した途端に乙標的に急に力が入る帝国海軍がナイス。戦訓を研究してとかではなく結果から入るあたりがありがちで実際あり得そうな展開ですね。
タイトルからして主役だと思っている乙標的の改良なんかよりも、本巻ではそこから派生した冶金技術向上による新型発動機で堅実に戦力が向上していっている印象を受ける海軍航空隊のほうが気になってしまいます。
戦果だけ見ると乙標的の撃沈数が空母2、戦艦1、軽巡1、大型輸送艦1とほかの艦隊に比べて断然すごいんだけど、その割には胡散臭い集団としてそれほど評価されていないっぽいあたりがシリーズ完結までにどう変化していくのかも気になるところだったりして。
驚くべきはいわゆる銀河(相当)が試作機とはいえガダルカナルをめぐる戦いですでに試作の先行量産機が活動していること。冶金技術の向上はかなり効果が出ている感じです。
乙標的の問題点もあきらかになりつつある本巻は、次巻以降の展開がどうなるのかという興味を引きつけさせられますね。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 林譲治

韋駄天艦隊

実業之日本社/2006年2月5日初版発行/857円/ISBN4-408-60356-2


韋駄天艦隊


ジュットランド海戦で速度を武器にした英巡洋戦艦部隊が勝利の栄光をつかんだ世界が舞台です。
それ以降、各国は主力艦を巡洋戦艦に置き換え、低速の戦艦は保持していないという驚くべき設定。
各国の主力艦は35ノットクラスであり、水雷戦隊も襲撃が困難で航空攻撃も成功が難しいと判断されていたりします。
そのために航空機の開発はどこの国も停滞していて、ボーイング、ロッキード、グラマンが倒産しているというのも凄すぎ……。

そんなわけでなかなかにユニークな世界観で進んでいくのですが、北海の戦いでドイツの最新鋭巡洋戦艦が水平防御の不足から爆沈して巡洋戦艦の脆さが突如として露呈し、各国海軍にパニックが起こっているという中で日米開戦となるというあたりが、なかなか興味深いストーリーでしょうか。
最新鋭の帝国海軍の巡洋戦艦「蔵王級」は40cm連装砲4基を装備しながらも38ノットも発揮するわけで、水雷で襲撃を成功させるには困難なレベル。
帝国海軍ですら水雷戦は重視していなくて、酸素魚雷の開発ができていません。

設定的にはかなり帝国海軍に不利なような気がするんだけど、今後どういった展開に話を持っていくんだろうと次巻以降に興味津々だったりします。
艦艇の温存を優先して戦果の拡大を拒否している時点で次巻ではやばい展開が待っていそうでドキドキものかも?
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大村芳弘

2006年02月01日

決戦空母「桶狭間」3 沖縄防衛最終決戦

コスミック出版/2006年2月1日初版発行/857円/ISBN4-7747-1093-8


決戦空母「桶狭間」(3)


レイテ沖の戦いでかろうじて勝利をつかんだ帝国海軍は、海戦直後に大型台風の直撃で大きな損害を出してしまう。
雲龍、天城が横転転覆、龍驤を座礁で戦力から喪失するなど、空母戦力が激減したのだった。
米海軍も台風で多大な被害を出したものの、工業力の差からして不利なのはどう見ても日本海軍側であった。
両海軍はしばらく作戦行動をできなくなるほど打撃を受けていたが、戦争は昭和20年元旦のソ連の満州侵攻で新たな局面を迎える。
戦場はいよいよ那覇ドックのある沖縄へと迫ろうとしているのだった。

前巻の最後のほうで、台風のために被害が増えそうだとは思っていましたが、雲龍と天城が沈むとは意表を突かれました。
台風で沈めてしまうぐらいなら、奮戦して華々しく散るような演出のほうがウケがよいだろうにもったいない。
というか、そんな強烈な台風だったら砲撃にも影響が出るだろうし、機体の軽い日本機は戦闘機動なんか困難なんじゃなかろうか……。
台湾が次の台風で航空隊が出撃不能という記述も中盤で出てくるし、作中で統一性のない設定矛盾が気になります。

まあ、そのあたりを除けばなかなかに面白いですね。
前巻のフィリピンにおける戦いで失った米陸軍の代わりに登場するのがソ連軍部隊。
満州から朝鮮半島まで怒濤の勢いで押し寄せてくるばかりか、米海軍に輸送されてなんと沖縄に上陸です。
この斬新なストーリー展開には驚かされました。
沖縄を守る海軍の沖縄根拠地隊を率いるのは栗田中将というのもびっくりですね〜。
連合艦隊最後の出撃となる大和、武蔵、信濃と関ヶ原、桶狭間、長篠が沖縄に突入するシーンがクライマックスかもしれず。
1巻で脱落したと思っていた南雲さんが活躍しているのも驚愕の展開で個人的なツボを突かれましたです。
なかなかにアツいシリーズでした。
posted by 伊織舞也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉田親司